トップページ > 組織で情報を探す > 交流観光課 民泊・定住係 > 民泊通信(Vol.20) ~癒し民泊はじめました~
トップページ > 市政情報 > トピックス > 民泊通信(Vol.20) ~癒し民泊はじめました~
トップページ > 体験型修学旅行 > 民泊通信~心とココロの交流~ > 民泊通信(Vol.20) ~癒し民泊はじめました~

民泊通信(Vol.20) ~癒し民泊はじめました~

このページを印刷

公開日 2015年08月01日 (問)交流観光課 民泊・定住係 電話:0823-43-1632

minpaku20.JPGイメージ_2_2.jpg

  尼崎市立武庫東中学校(兵庫県)の生徒が5月20日(水)~22日(金)の間,修学旅行で本市を訪れました。
 今回民泊で,初めて生徒を受け入れた,西濱さん(能美町)の民泊体験談を紹介します。

 兵庫県尼崎市の修学旅行生3名の女の子で受け入れデビュー。
 息子夫婦や娘にも手伝ってもらい,家族総出で楽しみました。というのも,実は,前々から受け入れをしてみたかったのです。
 ただ,もてなさないといけないのかなという思いから,なかなか踏み出せませんでした。
 しかし,この広報の民泊通信を毎回読んでいるうちに,このぐらいならできるかなという気持ちになり,市へ相談しました。
 細かい説明を受け,これなら大丈夫と確信し,この春,私たちは民泊を始めることにしました。

 実際の受け入れでは,お好み焼きを作ったり,魚を一緒にさばいたりしました。
 お昼ごはん用に爆弾ムスビ(具沢山の山賊むすび)を作り,サンビーチおきみで波の音をおかずに食べたりもしました。
 また,生徒が自作したものは,お土産としてもよいと聞いていたので,砂浜で拾った貝を使った写真立てを作り,もって帰ってもらいました。
 他にも農作業や,採ったイチゴをジュースにしたり,いろいろなことをしました。
 夜の花火も大盛り上がり。夜空の星を見て,「とってもキレイ」と喜んでいました。

 今回、初めて受け入れをしましたが,家の中に人が増え,賑やかで.いつもと違う家庭の雰囲気を味わうことができ,こちらも癒されました。
 体験料も思っていたよりもらえるので,これなら今後もどんどん受け入れられるかなと思っています。

 皆さんも「この秋,癒し民泊はじめませんか。」