トップページ > 組織で情報を探す > 交流観光課 民泊・定住係 > 民泊通信(Vol.14)民泊受け入れ初体験
トップページ > 市政情報 > トピックス > 民泊通信(Vol.14)民泊受け入れ初体験
トップページ > 体験型修学旅行 > 民泊通信~心とココロの交流~ > 民泊通信(Vol.14)民泊受け入れ初体験

民泊通信(Vol.14)民泊受け入れ初体験

このページを印刷

公開日 2015年10月30日 (問)交流観光課 民泊・定住係 電話:0823-43-1632

奥本さんご夫婦と生徒たち

 

 受け入れ家庭の奥本さんご夫婦(江田島町)の民泊体験談を紹介します。

民泊受け入れ初体験

 私たちはこの秋,初めての民泊で神戸市の親和中学校を受け入れました。皆さんが通る道だとは思いますが,最初はとても不安でした。しかし,今は受け入れをして良かったと思っています。まるで,孫が増えたように楽しくて。

 お別れをして,ぽっかり穴が開いたように寂しさが残りました。生徒から「楽しかった。うれしかった。」との手紙をもらい,また受けたいと思っています。

 家業体験では,生徒たちとイチジクの収穫をしました。イチジクが初めてという子もいて,おいしいと一人3個ずつ食べました。食事で喜ばれたのは,自家製じゃがいもを使ったコロッケと冬瓜の味噌汁。おかわりをする子もいました。冬瓜が人気だったことが私にとっては意外で,驚きました。

 他にも驚いたことがあります。生徒たちが「朝食を自分たちが作る。」と言って作ってくれたことでした。一宿一飯の恩といったところでしょうか。

 何を食べさせようか,何が喜ばれるかと考えたところとは,違う部分で感動してくれたりするので,考えすぎず,普段どおりで良いのだとわかりました。民泊は,私たちにとっても,良い体験でした。

 皆さんもまずは一度受け入れてみてはいかがでしょう。