トップページ > 入札・契約情報 > 入札・契約制度 > 災害復旧工事における現場代理人等の兼務について
トップページ > 組織で情報を探す > 財政課 > 災害復旧工事における現場代理人等の兼務について

災害復旧工事における現場代理人等の兼務について

このページを印刷

公開日 2010年04月15日 (問)財政課 電話:0823-43-1629

 建設工事における現場代理人については,建設工事請負契約約款第10条第2項の規定により,工事現場への常駐を義務付けていますが,災害復旧工事を集中発注する場合において,災害箇所の早期復旧を図るため,現場代理人の兼務を認める必要があるときは,災害復旧工事に限る特例措置として,別紙のとおり,一定の要件を満たす場合において,現場代理人の兼務を認めることとしました。


【施行期日】
 平成22年5月1日以降の市発注工事から適用します。


主任技術者の兼務については,請負金額2,500万円未満の工事について兼務を認め,件数は3件までとします。