トップページ > 暮らしのガイド > 住まい・建物 > 住宅用太陽光発電システム等設置補助制度のご案内
トップページ > 組織で情報を探す > 環境課 > 住宅用太陽光発電システム等設置補助制度のご案内

住宅用太陽光発電システム等設置補助制度のご案内

このページを印刷

公開日 2017年04月01日 (問)環境課 電話:0823-43-1637

 本市では,住宅用太陽光発電システム等の設置に対して補助制度があります。
なお,申請は随時受け付けており,申請金額が予算の範囲を超えた時点で受け付けを終了します。

補助申請の手続きの流れは,こちらをご覧ください。


 

 

平成29年度補助分の受け付け期間

 平成29年4月1日から平成30年3月12日まで。ただし,設置が完了した日から30日以内,または平成30年3月12日までのどちらか早い日までに実績報告書を提出する必要があります。

 

補助対象者

 市内の自ら居住する住宅又は居住する予定の住宅(店舗,事務所などとの兼用家屋を含む。)に,太陽光発電システム及び省エネルギー設備を設置する方,もしくは,太陽光発電システム及び省エネルギー設備が設置された市内の建売住宅を購入する方で,次の各号に掲げる要件を満たす方。
 

  1. 自ら電力会社と電灯契約を締結し,かつ余剰電力の需給契約を締結する。
  2. 設置する建物が自分の所有でない場合,所有者の設置承諾を受けている。
  3. 市税を滞納していない。
    ※市税を滞納していない旨の納税証明書が必要です。納税証明書は,市役所本庁(税務課),支所,市民サービスセンターなどで発行します。
 

補助金額

 補助対象事業1件につき7万円
 

 

補助対象設備

  1. 住宅の屋根などへの設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連携していること。
  2. 太陽電池の最大出力の合計値が,10kw未満の太陽光発電システムであること。
  3. 太陽光発電システムは,太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の定める住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金技術仕様書の要件に適合し,J-PECに登録されていること。
  4. 省エネルギー設備を導入すること。(次の項目を参照)
  5. 対象設備は未使用品であること。(中古品は対象外)
 

補助対象になる省エネルギー設備

 

  • 発光ダイオード(LED)照明器具
    *一体的な導入(居室・場所単位)複数灯の整備が必要です。
    *電球の取り替えのみの場合は対象外です。
  • 断熱材(厚み:20mm以上)
    *一体的な導入(居室単位)
    *住宅版エコポイントとの併給は該当しません。
  • 複層ガラス
    *一体的な導入(居室単位)
    *住宅版エコポイントとの併給は該当しません。
  • 窓ガラス用熱遮断フィルム
    *一体的な導入(居室単位)
  • 潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)
    *国の補助を受けている場合は,該当しません。
  • 自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)
    *国の補助を受けている場合は,該当しません。

 

 

 

関連ファイル ダウンロード

財産処分等承認申請書 (61 KB)

補助を受けた住宅用太陽光発電システムを廃止する場合に提出する申請書です

実績報告書 (319 KB)

補助金交付請求書と一緒に提出する書類です

補助金交付請求書 (105 KB)

補助金交付が決定し,補助対象施設工事が完了した後に提出する書類です

交付決定変更(中止・廃止)承認申請書 (63 KB)

補助金の交付決定後,申請した補助内容に変更があった場合に提出する申請書です

確認書(補助申請時に提出) (67 KB)

補助対象エネルギー設備に関して,国の補助を受けてないことを確認する書類です

太陽光発電システム等に関する工事内訳書(補助申請時に提出) (94 KB)

太陽光発電システム及び省エネルギー設備に関する工事金額や期間の内訳書です

委任状(補助申請時に提出) (92 KB)

申請書等の提出などを委任するときに必要な書類です

承諾書(補助申請時に提出) (87 KB)

設備を設置する建物の所有者が,申請者と異なる場合に必要な書類です