コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 暮らしのガイド > 保険・医療・年金 > 介護保険 > 平成30年度~平成32年度(令和2年度)の介護保険料について
トップページ > 組織で情報を探す > 高齢介護課 > 介護保険 > 平成30年度~平成32年度(令和2年度)の介護保険料について

平成30年度~平成32年度(令和2年度)の介護保険料について

このページを印刷

公開日 2018年10月17日 (問)高齢介護課 電話:0823-43-1651

 第1号被保険者(65歳以上)が負担する介護保険料は,介護保険事業計画で推計した介護サービス費用の原則23%を負担することとなっています。

 第7期介護保険事業計画(平成30年度から平成32年度まで)でその費用を見込み,介護保険料を決定しています。

 

介護保険給付費の見込み

 総給付費は3年間で約117億2,332万円を見込んでいます。

 介護保険給付費の見込み...

 

第1号被保険者(65歳以上)の負担割合

 介護保険にかかる費用の負担割合はグラフのとおりです。公費50%,保険料50%で負担しています。

 保険料の内訳は,65歳以上が23%,40歳以上65歳未満が27%となっています。

 ※施設サービスにかかる給付費は,国20.0%が15.0%,県12.5%が17.5%となります。

 

標準給付費の財源構成 

 

第1号被保険者(65歳以上)の介護保険料

 介護保険料は,本人及び世帯員の市町村民税課税状況と,本人の前年中の所得等に応じて9段階に区分されます。

 

 低所得者への軽減を行っています

 令和元年度の介護保険料は,10月からの消費税増税に伴い,市町村民税非課税世帯(第1~3段階)の介護保険料が軽減されます。

 第1段階の介護保険料は「基準額×0.45」から「基準額×0.375」,第2段階は「基準額×0.75」から「基準額×0.625」,第3段階は「基準額×0.75」から「基準額×0.725」に軽減されます。

 R1介護保険料額.jpg

 

 (※平成30年度の所得段階別介護保険料はこちら)