トップページ > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害のある人を支援 サポートファイルを配布します
トップページ > 組織で情報を探す > 社会福祉課 > 障害のある人を支援 サポートファイルを配布します

障害のある人を支援 サポートファイルを配布します

このページを印刷

公開日 2017年05月17日 (問)社会福祉課 電話:0823-43-1638

1.サポートファイルとは

障害のある人の生育歴やケアの仕方を,乳幼児期から成人期に至るまで継続して記録整理できるファイル形式の記録ノートです。

このファイルを利用して,本人をとりまく生活環境が変わっても,地域生活における一貫した継続的な支援を行うことを目的としています。

  • 障害のある人の成長過程,支援内容など,過去から現在にかけての本人に関する情報の整理が可能となります。
  • 保護者が病院,学校,福祉施設等で同じ説明を繰り返し行わなければならない状況の改善につながります。
  • 保護者の監護能力が低下し,または死亡したとき等に,支援者に対し必要な情報提供ができます。
  • サポートファイルは,A4ばんのリングファイルにクリアポケットを装着し,各クリアポケットにモデル様式のシート(66ページ)を挿入し利用します。
 

2.サポートファイルの取組みの背景

  1. 障害のある人は,乳幼児期,学齢期,青年期,そして成人期と成長していく過程で,福祉,医療,教育など様々な分野の機関や専門家などの支援を受けています。
  2. 関係機関による一貫した支援を行う上で,本人に関する詳細しょうさいかつ正確な情報が保護者から支援者等へ伝わることが必要であり,保護者団体等からも,共通の様式で子どもの生育歴等を記録できる手帳等の導入が強く求められています。
  3. このようなことから,県及び市町しちょうが協同してサポートファイルの普及を図ることにより,ライフステージを通じた一貫した支援の推進を図ります。
 

3.サポートファイルの今後の活用

  1. 江田島市えたじましが発行主体となり,利用希望者に配付します。
  2. ファイルの管理は,保護者の責任において行い,必要に応じて医療,福祉,教育等の関係機関へ必要箇所を提示します。
  3. 関係機関は個人情報保護に十分配慮し,サポートファイルの情報を活用することで適切な支援を行います。
  4. 江田島市えたじましは,県と協同してサポートファイルの普及に努めるとともに,必要に応じてモデル様式の見直し等を行います。

※ページ下段に,サポートファイルに関する説明資料とサポートファイルモデル様式を掲載していますので,参考にしてください。

関連ファイル ダウンロード

江田島市相談窓口一覧 (884 KB)

江田島市内の相談窓口一覧です。

説明資料:サポートファイルの記入 (32 KB)

サポートファイルについての活用方法等を掲載しています。

1.表紙―名称説明 (1.2 MB)

表紙

2.前文 (343 KB)

作成目的,取扱説明,関係者協力依頼,個人情報保護についての説明を掲載しています。

3.フェイスファイル (289 KB)

支援の際の基本情報,緊急時の対応に必要な情報等を掲載しています。

4.乳幼児期ファイル (505 KB)

支援の際の各時期の特性を考慮した情報等を掲載しています。

5.学齢期ファイル (618 KB)

支援の際の各時期の特性を考慮した情報等を掲載しています。

6.青年期.成人期ファイル (794 KB)

支援の際の各時期の特性を考慮した情報等を掲載しています。