コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 組織で情報を探す > 税務課 > 所得税などの確定申告及び市県民税申告について
トップページ > 暮らしのガイド > 税金 > 住民税(個人・法人)・申告 > 所得税などの確定申告及び市県民税申告について

所得税などの確定申告及び市県民税申告について

このページを印刷

公開日 2013年10月30日 (問)税務課 電話:0823-43-1636

江田島市では,毎年,確定申告・市県民税申告の相談会場を開設しています。大変混雑しますので,申告をスムーズに行うためには必要な資料をあらかじめ準備することが必要です。自分のできる範囲で準備を整えてください。
※確定申告相談会の場所や日程は,2月ごろに広報や申告案内通知でお知らせします。

持ってくるもの

○マイナンバーカードまたは,番号確認書類(マイナンバーの記載された住民票など)及び本人確認書類(免許証・健康保険証など),印鑑,申告者の通帳(還付がある場合),税務署からの申告案内通知
○収入のわかる書類(源泉徴収票など),控除の証明書(生命保険・地震保険・国民年金控除証明書など)

申告の事前準備をしましょう

毎年,確定申告相談会場は,大変混み合います。待ち時間も長いため,忘れ物などないようしっかり準備をしましょう。

収入の分かる書類

○給与所得の源泉徴収票(1年間の給与収入のわかる全て),公的年金の源泉徴収票(厚生年金,共済年金,国民年金,企業年金など),個人年金の支払証明書,生命保険等の満期保険金支払証明書など
○事業・不動産収入のある人・・・収支内訳書を作成(1月から12月までの収入の計算,給料賃金・水道光熱費などの経費を項目ごとにまとめて計算,不動産収入は不動産の場所・借りている人・月の賃貸額などの資料を作成,不動産の租税公課経費は固定資産税の課税明細で計算)

各種所得控除等の証明書など

○社会保険料(国保税(料)等納付確認書,国民年金保険料控除証明書など),生命保険料等(生命保険・地震保険控除証明書など),身体障害者手帳,療育手帳,精神障害者保健福祉手帳など
○医療費控除の明細書(または医療費通知)または,セルフメディケーション税制の明細書
※1年間に支払った医療費を人ごと及び医療機関等ごとに年間の支払額を計算。高額療養費や生命保険等から補てんがあった場合は,補てんの対象となった医療費から控除
○控除の対象となる寄付金の受領証明書など
〈注意!〉
ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けている方でも,確定申告をする場合は,寄付金の申告が必要です。

申告あれこれ

収入がない場合も申告は必要ですか?(障害年金・遺族年金だけを受給している人も含む)

国民健康保険加入世帯主(税額の減額のため),国民年金保険料免除制度を利用する人,福祉関連の手当を受けている人,所得証明書が必要な人などは申告をしてください。

収入は公的年金だけですが,確定申告は必要ですか?

次の(1)または(2)に当てはまる場合は、確定申告しなくてはいけません。

(1)公的年金等の収入額の合計が400万円を超える場合
(2)公的年金等の収入額の合計が400万円以下で,公的年金等にかかる所得以外が20万円を超える場合

<注意!>
公的年金等以外に所得がある場合(退職所得は除く。)は,市県民税の申告が必要ですので申告相談会にお越しください。
また,上記(1),(2)に当てはまらない場合でも,所得税の還付を受ける場合や源泉徴収票に記載のない控除(生命保険・地震保険料控除,医療費控除など)を受ける場合は,確定申告が必要です。

医療費控除が受けられる人

1年間の医療費が,10万円か所得金額の5%のどちらか少ない額を超えた場合は医療費控除が受けられます。次のことに注意してください。

・所得税の支払額(給与や年金の源泉徴収税額など)がないと税金は返ってこない。
・1月から12月までの領収日が対象
・入院時の特別室料・文書料・健康増進医薬品(ビタミン剤など)購入費は対象にならない。
・高額療養費・生命保険での入院給付金(補てん)は医療費対象金額から差し引く。
・医療費の支払明細書を事前に記入しておく(パソコンで作った明細表でもよい)。または,保険者から送付された医療費通知でも可

■関連リンク
医療費を支払ったとき(医療費控除)(外部リンク・国税庁ホームページ)

セルフメディケーション税制の明細書

医療費控除の明細書

医療費控除の一例(200万円以上の所得がある場合)

11万円医療費を払った時(所得税率5%として)
11万円-10万円=1万円(医療費控除額)
1万円×0.05(税率)=500円

この結果,確定申告すると所得税額が500円少なくなります。

確定申告をすると所得税の還付がある場合の事例

・103万円以下の給与収入だけで,源泉徴収票内の源泉徴収税額がある場合
・会社を中途退職し,源泉徴収税額がある場合
・公的年金等に源泉徴収税額があり,ほかに所得がない場合

確定申告書は,国税庁のホームページで作成できます

国税庁のホームページで,所得税や消費税の申告書,青色申告決算書,収支内訳書などを作成することができます。

作成した申告書は,「e-Tax(電子申告)」を利用して提出できます。e-Taxで提出するには,次の方法があります。

①マイナンバーカード方式・・・マイナンバーカードとICカードリーダライタまたはマイナンバーカード対応のスマートフォンで送信
②ID・パスワード方式・・・税務署で発行されるIDとパスワードで送信((注)マイナンバーカードとICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な措置です。)

また,印刷して郵送などで税務署へ提出することもできます。(印刷は,コンビニエンスストアなどのプリントサービスも利用できます。)

詳しくは,国税庁のホームページ(外部リンク)をご覧ください。