コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 暮らしのガイド > 防災 > 安全・安心情報 > 平成30年7月豪雨災害における応急仮設住宅(民間賃貸住宅などの借上げ)について
トップページ > 組織で情報を探す > 都市整備課 > 平成30年7月豪雨に伴う情報 > 平成30年7月豪雨災害における応急仮設住宅(民間賃貸住宅などの借上げ)について

平成30年7月豪雨災害における応急仮設住宅(民間賃貸住宅などの借上げ)について

このページを印刷

公開日 2018年07月20日 (問)都市整備課 電話:0823-43-1647

 平成30年7月豪雨により住宅がり災し、居住が困難となった方に対し、民間賃貸住宅などを借り上げ、応急仮設住宅として提供します。(令和2年度末で事業を終了しました。)

1 市独自施策に基づく応急仮設住宅

 (1)内容
    市が空き家や民間アパートを借り上げ、応急仮設住宅として無償提供します。
 (2)対象者
    被災した住宅が「全壊」「半壊」「一部損壊」「床上浸水」「機能を喪失」に該当する市内居住者及び市外からの転入者
 (3)家賃
    無償(原則、5万円を上限とします。)
 (4)提供期間
    原則3か月以内(状況に応じて最長1年間まで延長可能)
 (5)手続き
    申請書のほか、り災証明書、住民票が必要となります。詳しい手続きはお問い合わせください。

   ※災害救助法に基づく応急修理制度との併用はできませんのでご注意ください。

2 災害救助法に基づく応急仮設住宅

 (1)内容
    県が民間賃貸住宅を借り上げ、市を通じて、応急仮設住宅として無償提供します。
 (2)対象者
    被災した住宅が「全壊」「半壊」「一部損壊」「床上浸水」「機能を喪失」に該当し、自らの資力では住家を得ることができない市内居住者
 (3)家賃
    無償(上限額:1人世帯5万円、2人世帯6万5千円、3~4人世帯7万円、5人以上世帯9万円)
 (4)提供期間
    原則6か月以内(状況に応じて最長2年間まで延長可能)
 (5)手続き
    申込書のほか、り災証明書、住民票が必要となります。詳しい手続きはお問い合わせください。

   ※災害救助法に基づく応急修理制度との併用はできませんのでご注意ください。
   ※災害救助法に基づく応急仮設住宅制度については、本市に対する割当件数が非常に少ないのでご了承ください

受付期間等

 1 受付期間
  (1)市独自施策に基づく応急仮設住宅

     当分の間

  (2)災害救助法に基づく応急仮設住宅

     平成30年10月19日(金)まで

 2 受付時間

   平日の午前8時30分から午後5時00分まで

申込先

 土木建築部都市整備課 住宅係
 電話番号:0823(43)1647