トップページ > 暮らしのガイド > 防災 > 安全・安心情報 > 平成30年7月豪雨による流入土砂等撤去事業補助金制度拡充のご案内
トップページ > 組織で情報を探す > 建設課 > 平成30年7月豪雨対応について > 平成30年7月豪雨による流入土砂等撤去事業補助金制度拡充のご案内

平成30年7月豪雨による流入土砂等撤去事業補助金制度拡充のご案内

このページを印刷

公開日 2019年06月07日 (問)建設課 電話:0823-43-1646

<江田島市豪雨による流入土砂等撤去事業補助金制度の拡充について>

 ~被災した住宅の敷地に隣接するがけ地の復旧を、有償で業者に依頼する費用を補助金で支援します~

 

 

 拡充内容を赤文字アンダーラインで記載しています。

制度概要

 平成30年7月豪雨後,本市では住宅敷地内に流入した土砂等の撤去費用に対して,補助金を交付する支援制度(江田島市豪雨による流入土砂等撤去事業補助金制度)を創設し,市民の早期生活再建を図ってきました。

 一方で,被災した住宅の敷地に隣接するがけ地について,復旧が及ばない箇所もあり,生活再建に支障をきたしています。

 被災した住宅の敷地に隣接するがけ地について,従前の制度を拡充し,個人が復旧するために必要な費用を補助することより,生活再建の加速化を図るものです。

 イメージ図

イメージ図.PNG

 

 

対象者

平成30年7月豪雨により被災した、江田島市内の住宅の敷地において、流入した土砂等の撤去・がけ地の復旧が自力では困難であるため、業者に依頼し実施する者(事業実施者)で、次に該当する者が対象となります。

罹災証明書の交付を受けた者

 …土砂被害で住宅(住家・空き家)の罹災証明の「全壊」「大規模半壊」「半壊」「半壊に至らない」のいずれかの判定を受けた者

  被災証明書の交付を受けた者

 …土砂被害で住宅の罹災証明書交付申請を行ったが、判定対象とならなかった場合で、

  住宅の敷地内の動産又は不動産の被災証明書の交付を受けた者

※ 上記の証明書の交付を受けられなかった場合は、被災した実状の写真を準備して、被害の状況をご相談ください。

 

※ 罹災証明書・被災証明書の手続きの受付窓口は、次のホームページ記事を参考にしてください。

江田島市のホームページ

江田島市ホームページ>税務課>り災証明書(自然災害)の発行手続きについて

http://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/5627

     江田島市ホームページ>市民生活課>被災証明書(自然災害)の発行手続きについて

       http://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/5688

 

 

対象経費

 ア 業者に支払った費用のうち,住宅の敷地から土砂等を撤去し,適正に処分するための費用

 

 イ 業者に支払った費用のうち,住宅の敷地に隣接するがけ地を復旧するための費用

 

※ 土砂等の処分費並びに車両及び重機等の賃借料を含む

 

補助金の限度額等

 ア 1回の土砂等撤去で住宅の敷地1件あたり,対象経費に係る撤去費用のうち60万円を限度とする。

 イ 1回のがけ地復旧で住宅の敷地1件あたり,対象経費に係る復旧費用のうち/2以内で60万円を限度とする。

 ※ アパートや二世帯住宅等,同一の住宅の敷地で複数の対象者があるときは,補助金交付は対象者のうち1人に限る。
 
 

補助金申請手続きの流れ例・準備する添付書類(審査資料)

■補助金申請手続きの流れ例

 次の表の、これから実施する場合例1)」「発災直後に既に実施済みの場合例2)の例を参考に、手続きを開始してください

 

手続き流れ.PNG

 

■準備する添付資料

 手続きの開始及び事業を完了するにあたり、次の添付書類(審査資料)の準備を行ってください。

 キャプチャ2.PNG
 
■手続きに関するチラシ、Q&A等
添付ファイル参考
  〇両面チラシ「平成30年7月豪雨による住宅の敷地の土砂被害を受けられた方へ
   江田島市豪雨による流入土砂等撤去事業補助金制度拡充のご案内v2019.6
  〇江田島市豪雨による流入土砂等撤去事業補助金交付要綱 ・・・調整中
  〇様式(事業実施者関係 第1号・4号・5号・7号・9号) ・・・調整中
  〇添付書類チェック表・添付書類例その1~6等 ・・・調整中
  〇Q&A集 ・・・調整中

 

申請受付期間・事業完了期限

本補助金制度の適用開始の対象となる事業は、平成30年7月豪雨災害により、平成30年7月5日以降に実施の事業です。よって、発災直後に実施済みであっても、審査資料等の要件が満たされ審査可能である場合は対象となる制度です。

(申請手続きの受付は原則令和元年12月25日まで。事業の完了は令和元年度内に行ってください。)

申請受付について.PNG

※ 申請手続きの受付期限は、本補助金の予算措置の確保、数量の明確化等を手続きするうえで、定める必要のある期限ですのでご理解ください。ただし、個別の救済措置として、天災その他やむを得ない事情がある場合には、この申請手続きの受付期限日の翌月の末まで延長を行います。

 

相談予約・事前相談 お問い合わせ先

 補助金の交付要件・申請手続きなどについて、事前に相談を行い、申請手続きを開始してください。

  江田島市 土木建築部 建設課

   〒737-2297 江田島市大柿町大原505番地 江田島市役所本庁4階

   TEL:0823-43-1646 (受付時間:8:30~17:00※土日祝祭日を除く)

 

その他、本制度に関する情報について

なお、その他、本制度に関係する情報は以下のホームページに掲載されています。

江田島市のホームページ

江田島市ホームページ>税務課>り災証明書(自然災害)の発行手続きについて

http://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/5627

  江田島市ホームページ>市民生活課>被災証明書(自然災害)の発行手続きについて

http://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/5688

  江田島市ホームページ>建設課>平成30年7月豪雨災害で発生した土砂搬入場所

   http://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/5704

  江田島市ホームページ>地域支援課>平成30年7月豪雨災害で発生した粗大ごみ

   http://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/5618

関連ファイル ダウンロード