トップページ > 人生の出来事~こんなときは?~ > 子育て・健康 > 救急相談センター広島広域都市圏「#7119」が始まりました
トップページ > 暮らしのガイド > 子育て・教育 > 出産・子育て支援 > 救急相談センター広島広域都市圏「#7119」が始まりました
トップページ > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 当番医 > 救急相談センター広島広域都市圏「#7119」が始まりました
トップページ > 組織で情報を探す > 保健医療課 > 夜間・休日の初期救急医療体制 > 救急相談センター広島広域都市圏「#7119」が始まりました

救急相談センター広島広域都市圏「#7119」が始まりました

このページを印刷

公開日 2019年01月30日 (問)保健医療課 電話:0823-43-1639

 「調子が悪いけど病院に行った方がいいの?」
 「家族が急な嘔吐。どうしたらいい?」
 「あなたならどうしますか?」

 受診できる医療機関が分からないときや、救急車を呼ぶべきか迷ったときは、「♯7119」「救急相談センター広島広域都市圏」に電話をかけましょう。
 自覚症状がなくても、緊急の処置が必要な場合があり、発見するタイミングが命や治療後の生活に大きな影響を与えることがあります。
 「救急車を呼ぶ?」「病院へ行く?」迷った時の相談窓口として,「救急相談センター広島広域都市圏」を開設しています。
 「救急相談センター広島広域都市圏」は、看護師が,病気やけがの状況を把握し、対処法や医療機関の案内だけでなく、緊急性がある場合はすぐに「119」番に転送し、救急車の出動につなげてくれます。
 ※ただし、健康相談、医薬品情報に関すること、セカンドオピニオンに関する相談などは対応できません。

 【救急相談センター広島広域都市圏のここがポイント!】
 ・24時間365日、いつでも相談できます。
 ・相談料が無料です。(ただし、通話料はかかります。)
 ・看護師が救急医療相談に対応します。

救急相談センターリーフレット

 

こんな時は、ためらわず「119」番へ電話をかけましょう!

 ・ろれつがまわらない
 ・突然、片方の手足に力が入らなくなる
 ・急な息切れや呼吸困難
 ・胸が締め付けられる  など