トップページ > 組織で情報を探す > 社会福祉課 > 特別児童扶養手当・特別障害者手当・障害児福祉手当
トップページ > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 特別児童扶養手当・特別障害者手当・障害児福祉手当

特別児童扶養手当・特別障害者手当・障害児福祉手当

このページを印刷

公開日 2019年04月01日 (問)社会福祉課 電話:0823-43-1638

病気や事故などによって障害者や寝たきりの状態になった人などを対象に、次のような支援制度があります。なお、手当支給には要件があります。

 

特別児童扶養手当

支給対象

身体または精神に一定の障害を有する20歳未満の児童を養育している父母か、父母に代わって児童を養育している人。ただし、対象児童が次の事項に当てはまる場合は、手当は支給されません。

  • 障害を事由とする公的年金給付を受けることができる場合
  • 児童福祉施設等に入所している場合 など

支給額(月額・平成31年4月現在)

  • 1級の場合 52,200円
  • 2級の場合 34,770円

※支給対象者等の所得が一定額以上の場合は、手当は支給されません。

支給月しきゅうつき

原則として、毎年4月・8月・12月にそれぞれの前月ぶんまでが支給されます。

特別障害者手当

支給対象

身体または精神に著しく重度の障害があるため、日常生活で常時特別の介護を必要とする程度の障害の状態にある20歳以上の人。ただし、対象者が次の事項に当てはまる場合は、手当は支給されません。

  • 障害者施設、特別養護老人ホームなどに入所している場合
  • 病院や診療所に継続して3カ月を超えて入院している場合 など

支給額(月額・平成31年4月現在)

27,200円※支給対象者などの所得が一定額以上の場合、手当は支給されません。

支給月しきゅうつき

原則として、毎年2月・5月・8月・11月にそれぞれの前月分までが支給されます。

障害児福祉手当

支給対象

身体または精神に重度の障害があるため、日常生活で常時介護を必要とする程度の障害の状態にある20歳未満の児童。ただし、対象児童が次の事項に当てはまる場合は、手当は支給されません。

  • 障害を事由とする公的年金給付を受けることができる場合
  • 児童福祉施設などに入所している場合 など

支給額(月額・平成31年4月現在)

14,790円
※支給対象者などの所得が一定額以上の場合、手当は支給されません。

支給月しきゅうつき

原則として、毎年2月・5月・8月・11月にそれぞれの前月ぶんまでが支給されます。