児童扶養手当の概要

このページを印刷

公開日 2019年04月01日 (問)社会福祉課 電話:0823-43-1638

児童扶養手当制度の目的

 父母の離婚などで,父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し,児童の福祉の増進を図ることを目的として,支給される手当です。
 ※支給要件や支給額など詳しいことは,社会福祉課へお問い合わせください。

 

児童扶養手当を受けることができる方

次のいずれかに該当する児童について,母,父又は養育者が監護等している場合に支給されます。
  • 父母が婚姻を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が一定程度の障害の状態にある児童
  • 父または母が生死不明の児童
  • 父または母が1年以上遺棄している児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘束されている児童
  • 婚姻によらないで生まれた児童
  • 遺棄児などで父母がいるかいないかが明らかでない児童
  • その他前記に準ずる状態にある児童
 

児童扶養手当を受けることができない方

  • 児童が日本国内に居住していない場合
  • 児童が里親に委託されている場合
  • 児童が児童福祉施設等に入所している場合
  • 児童が母または父の配偶者(事実婚の場合を含む)に養育されている場合
  • 児童が離別等した父または母と生計を同じくしている場合
 

手当の支給額

  • 児童が1人の場合(平成31年4月現在)
    全部支給…42,910円
    一部支給…42,900円~10,120円〔所得によって支給額が変わります〕

  • 児童が2人以上いる場合
    2人目
    全部支給…10,140円
    一部支給…10,130円~5,070円〔所得によって支給額が変わります〕
    3人目以降(1人につき)
    全部支給…6,080円
    一部支給…6,070円~3,040円〔所得によって支給額が変わります〕

※手当は18歳到達後の最初の3月31日まで(児童が政令で定める程度の障害がある場合は20歳になる誕生日まで)支給されます。

 

手当が支給される月

 児童扶養手当が年6回払いになります。詳しくはこちらから