コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 暮らしのガイド > 上水道 > 水道広域連携について
トップページ > 組織で情報を探す > 企業局業務課 > 水道広域連携について

水道広域連携について

このページを印刷

公開日 2020年06月22日 (問)業務課 電話:0823-42-3311

広島県における水道広域連携の進め方

 平成30年4月に県と市町で構成、設置された「広島県水道広域連携協議会」では、広域連携の具体的な取組の検討や収支の将来推計などについて議論を重ねてきました。

 この度、広島県が協議会での意見を踏まえ、県としての考え方をまとめた「広島県における水道広域連携の進め方」(以下「水道広域連携の進め方」といいます。)を作成し、令和2年1月に広島県議会へ報告しました。

広島県水道広域連携推進方針

 広島県は、「水道広域連携の進め方」に対する市町や議会の議論を踏まえ、必要な見直しを行い、令和2年6月、「広島県水道広域連携推進方針」(以下「推進方針」といいます。)を策定しました。

 「推進方針」は、県内の水道事業の経営組織を一元化した統合による連携(企業団)が適当であるとし、賛同する市町と基本協定案を策定するなど、具体的な取組を加速していく内容となっています。また、事情により、統合への参画が難しい市町も想定されることから、これらの市町とは、統合以外の連携の方策を検討・実施していくとともに、統合による連携効果を示すことで、統合への参画を促していく方針になっています。   

 今後、広島県が示した「推進方針」をもとに、令和3年3月までに企業団への参画の可否について判断していくことになります。

関連ファイル ダウンロード