トップページ > 暮らしのガイド > 住まい・建物 > 新型コロナウイルス感染症の影響で退去を余儀なくされた方への市営住宅提供について
トップページ > 市政情報 > 募集 > 新型コロナウイルス感染症の影響で退去を余儀なくされた方への市営住宅提供について
トップページ > 組織で情報を探す > 都市整備課 > 市営住宅 > 新型コロナウイルス感染症の影響で退去を余儀なくされた方への市営住宅提供について

新型コロナウイルス感染症の影響で退去を余儀なくされた方への市営住宅提供について

このページを印刷

公開日 2020年04月30日 (問)都市整備課 電話:0823-43-1647

 

 新型コロナウイルス感染症の影響による解雇等により現在の住居からの退去を余儀なくされた方に対して、市営住宅を仮住居として有償提供します。

 

1 対象者

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で,企業の倒産や事業縮小,解雇等で現在の住居から退去しなければならなくなった方

 地方公共団体の要請等によりインターネットカフェ等居住が不安定な方で,一時的な居所を失った方。

 

2 提供住宅等

 市営住宅  7戸

 

 提供期間  6か月(申請により,生活再建状況等を考慮し,最長1年まで延長可能。)

 

 使用料   各住宅の最低家賃(12,300円から45,000円)

 

 設備     浴槽・ボイラー、照明器具、ガスコンロは、市負担により設置します。

 

 ※詳しくは土木建築部都市整備課までお問い合わせください。

 

なお、広島県営住宅については,広島県ホームページをご覧ください。

 新型コロナウイルス感染症の影響により住宅の退去を余儀なくされた方に対する県営住宅の提供について

  https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/108/2020typ19.html