コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 暮らしのガイド > 防災 > 災害に備える > 災害対策基本法の改正に伴う避難情報の見直しについて
トップページ > 組織で情報を探す > 危機管理課 > 災害対策基本法の改正に伴う避難情報の見直しについて

災害対策基本法の改正に伴う避難情報の見直しについて

このページを印刷

公開日 2021年05月20日 (問)危機管理課 電話:0823-43-1633

災害対策基本法の改正により,2021年(令和3年)5月20日から避難情報の名称が変更されます。

 

災害対策基本法とは

 災害対策全体を体系化し、総合的かつ計画的な防災行政の整備及び推進を図ることを目的として制定されました。この法律は、国土並びに国民の生命、身体及び財産を災害から保護し、もって 社会の秩序の維持と公共の福祉の確保に資するべく、様々な規定を置いています。

新たな避難情報の名称について

〇「警戒レベル3」

「避難準備・高齢者等避難開始」から「高齢者等避難」に名称が変更されます。

避難に時間のかかる高齢者や障がいのある人は,危険な場所から避難しましょう。

 

〇「警戒レベル4」

「避難勧告」が廃止され,「避難指示」に一本化されます。

危険な場所から全員避難しましょう。

 

〇「警戒レベル5」

「災害発生情報」から「緊急安全確保」に名称が変更されます。

すでに安全な避難ができず命が危険な状況です。危険な場所にいる方は,警戒レベル5の発令を待たず,警戒レベル4までに必ず避難してください。

 

 

(内閣府)新たな避難情報に関するポスター・チラシ

 

For Foreigner

When it is in a disaster, The following warning is given.displayed to the language of the smart-phone which you have.