トップページ > 暮らしのガイド > 保険・医療・年金 > 国民健康保険 > 【国保・後期】ジェネリック医薬品について
トップページ > 組織で情報を探す > 保健医療課 > 国民健康保険 > 【国保・後期】ジェネリック医薬品について
トップページ > 組織で情報を探す > 保健医療課 > 後期高齢者医療(75歳以上) > 【国保・後期】ジェネリック医薬品について
トップページ > 暮らしのガイド > 保険・医療・年金 > 後期高齢者医療 > 【国保・後期】ジェネリック医薬品について

【国保・後期】ジェネリック医薬品について

このページを印刷

公開日 2015年05月01日 (問)保健医療課 電話:0823-43-1639

 

ジェネリック医薬品とは

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売される新薬と同等の有効成分を持つ医薬品(添加剤や製造工程が新薬と完全には同じではありません。)のことです。

 急速な高齢化の進展等により医療保険財政の厳しさが増しているなかで,ジェネリック医薬品は一般的には安価で経済的となっていますので、皆さんの自己負担額の軽減、財政の改善に繋がります。

 

ジェネリック医薬品に切り替えるときは必ず医師と相談を!

 調剤薬品をジェネリック医薬品に切り替えるときは,かかりつけ医師や薬局の薬剤師に必ず相談し,十分理解した上で利用してください。

 

 ※ジェネリック医薬品の詳細については厚生労働省ホームページでご確認ください。