トップページ > 暮らしのガイド > 防災 > 防災いろいろ情報 > 避難時などに活用できる防災アプリを導入
トップページ > 組織で情報を探す > 危機管理課 > 避難時などに活用できる防災アプリを導入

避難時などに活用できる防災アプリを導入

このページを印刷

公開日 2015年01月30日 (問)危機管理課 電話:0823-43-1633

 災害時の減災を目的に,本市では,平成26年11月27日(木)に一般社団法人全国防災共助協会と「減災を目的とした防災AR(※)に関する協定」を締結しました。協定締結により,2月から市内の気象情報,地震津波情報および災害時の避難場所の必要な防災情報をスマートフォンアプリ「防災ARアプリ」を活用して提供できるようになりました。
 このアプリは,スマホのカメラを通して見える風景に,避難場所の方向や距離を示す画像が重なるもので,とっさの時でも対応でき,旅行などで訪れた土地勘のない場所でも使うことができます。
 通常時には,ステッカーにスマホをかざすと企業CMなどが流れポイントが貯まり,貯まったポイントは防災グッズと交換できます。
 身近で常に携帯しているスマホで防災アプリを利用して,普段から防災を意識し,いざという時に備えておきましょう。
※AR(拡張現実)は,人間の目から見えるもの(現実世界)に対し,コンピューターで情報を付加すること。


みたチョ.jpg