トップページ > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 予防接種 > 日本脳炎のワクチンを接種できなかった人の救済措置について
トップページ > 暮らしのガイド > 子育て・教育 > 出産・子育て支援 > 日本脳炎のワクチンを接種できなかった人の救済措置について
トップページ > 人生の出来事~こんなときは?~ > 子育て・健康 > 日本脳炎のワクチンを接種できなかった人の救済措置について
トップページ > 組織で情報を探す > 保健医療課 > 健康推進 > 日本脳炎のワクチンを接種できなかった人の救済措置について

日本脳炎のワクチンを接種できなかった人の救済措置について

このページを印刷

公開日 2011年07月01日 (問)保健医療課 電話:0823-43-1639


 平成17年度から平成21年度にかけて,日本脳炎予防接種の積極的勧奨の差し控えにより接種を受けることができなかった人(平成7年6月1日から平成19年4月1日までの間に生まれた人)は、20歳になるまでの間、定期予防接種として接種できることとなりました。 

 

標準的な接種スケジュール

  • 1期接種(3回接種して基礎免疫をつけます)
    3歳のときに2回(6~28日の間隔をおく),その後おおむね1年の間隔をおいて(4歳のときに)1回接種
     
  • 2期接種(1回追加接種します)
    9歳のときに1回接種
     

※平成7年6月1日から平成19年4月1日生まれの方でまだ4回接種されていない方は、20歳になるまでに接種しましょう。
 

 

参考リンク

日本脳炎の予防接種についてのご案内(厚生労働省ホームページ)

 

ダウンロード

日本脳炎パンフレット(厚生労働省発行)