トップページ > 暮らしのガイド > 防災 > 災害に備える > 街の防災活動(令和2年度)

街の防災活動(令和2年度)

このページを印刷

公開日 2020年04月01日 (問)危機管理課 電話:0823-43-1633

鷲部まちづくり協議会防災訓練

日時 令和2年7月4日(土)午前10時~午前12時
場所 江田島町鷲部 教円寺前防災倉庫、鷲部交流プラザ
参加者 鷲部まちづくり協議会防災部会役員、地域防災リーダー 13名
研修内容

「防災資機材点検・避難所運営訓練実施!」

 鷲部まちづくり協議会(防災部会)は、防災倉庫を点検して、機材の確認などを行い、鷲部交流プラザに移動して、避難所運営訓練を行いました。
 避難所運営訓練では、実際に段ボール間仕切りを設置し、床に寝て状況を体験したほか、簡易ベッドを,メンバーを変えながら何度も組み立ててみました。
 また、新型コロナウイルス感染拡大防止用資器材を点検し、各資器材の使用方法を確認するとともに、万一、避難所で発熱者等が発生した場合には、トイレへの動線も含めて、他の避難者と交わることが無いよう、ゾーニング(居住の区分け)の徹底を検討しました。

20200709-01... 20200709-02... 20200709-03...

20200709-04... 20200709-05...

サロン「スカイグループ」防災研修

日時 令和2年6月25日(木)午前10時~午前11時
場所 江田島町鷲部 鷲部交流プラザ
参加者 25名
研修内容

「災害に備えて!」

 サロン「スカイグループ」は、サロン活動で防災研修を行いました。
 梅雨に入り、長崎地方では50年に一度という豪雨が報道されている中、鷲部地区の土砂災害、風水害危険について、画像資料を見ながら理解を深めました。
 今夏は、全球的に気温が上昇、日本近海の海水温も高くなるという予想もあり、大雨や大型台風の発生が懸念されます。
 新型コロナウイルスの感染拡大も気掛かりですが、大切な命を守るため、気象状況に注意し、早期に避難準備を整えて、危険が迫ったら迷わず避難すること。
 避難先は、避難所に限らず、感染リスクの低い友人宅や親せき宅など,少人数・個別空間可能な避難を優先して、できるだけ分散避難できるよう考慮することなどを研修しました。

20200708-sk... 20200708-sk...

小用自主防災会防災訓練

日時 令和2年6月21日(日)午前9時~午前12時
場所 江田島町小用 小用地区全域
参加者 24名
研修内容

「避難の呼びかけ訓練実施!」

 小用区自主防災会(小用自治会)は、小用地区全世帯(約600世帯)への「避難の呼びかけ訓練」を行いました。
 平成30年7月豪雨では、対岸の呉市や、坂町、熊野町などで多くの命が失われました。危険と思いながらも、命を守るための避難行動を取らなかったことが、その後の様々な調査で分かりました。一方で、多くの避難行動があった地区では、近隣の住民同士や、自主防災組織が声を掛け合って避難していました。
 小用地区では、「避難の呼びかけ」により1名の犠牲者も出さない体制づくりを目指し、地区防災計画の充実を図っていきます。

20200706-01... 20200706-02...

20200706-03... 20200706-04...

20200706-05...

20200706-06... 20200706-06...

津久茂まちづくり協議会防災訓練

日時 令和2年6月20日(土)午前10時~午前11時
場所 江田島町津久茂 防災倉庫
参加者 20名
研修内容

「防災資機材点検・活用訓練実施!」

 津久茂まちづくり協議会(環境・防災部会)は、防災倉庫を点検し、機材の確認や、リヤカーの組み立て訓練などを行いました。
 実際にリヤカーで要支援者を搬送してみると、リヤカーにブレーキが無く、地域には急坂が多いため、できるだけ多くの支援要員を集める必要があることが分かりました。
 また、倉庫内に収納棚を作製することとしたほか,倉庫周辺の木の伐採や枝葉の整理などを行いました。

20200709-01... 20200709-02...

是長1自治会防災訓練

日時 令和2年6月6日(土)午前9時~午前11時
場所 沖美町是長林山 新ゆうひが丘公園
参加者 27名
研修内容

「土のう作製・避難所運営研修実施!」

 是長1自治会は、出水期を前に、地域の役員や、防災リーダー等による「土のう作製訓練」と、地区の避難所として新たに指定された鹿田公園管理棟の「避難所運営研修」を行いました。
 作成した土のう150個は、地区防災倉庫(新ゆうひが丘公園)横に保管し、地域で必要な人が活用することとしました。
 鹿田公園管理棟では、建物状況の確認後、避難所運営要領について研修し、地区の大部分が土砂災害警戒区域に入っているため、早期の避難行動が必要であることなどを話し合いました。

20200706-01... 20200706-02... 20200706-03...

過去の防災活動

 ■街の防災活動(令和元年度)
 ■街の防災活動(平成31年度・令和元年度9月まで)