民泊体験

このページを印刷

公開日 2013年02月24日 (問)交流観光課 民泊・定住係 電話:0823-43-1632

 江田島のありのままの生活を,地元の家族と共に体験することで心のこもった深い交流をすることができます。安全管理はもちろん,教育的効果の高い体験となるよう受入れ民家と取り組んでいます。


受入期間…通年
所要時間…1泊~2泊
最大人数…240人

 

民泊体験の目的

人と人との交流を深めます

地元の民家で,お客様としてではなく家族の一員として夕朝食作りや台所の後片付け・布団の準備・片付けなど体験することで,人との関り方や家族の絆などを学びます。

民泊での交流画像

農漁業で暮らす人々の暮らしを知っていただきます】

民家の方との交流を通じてありのままの自然や暮らしに触れることができます。農漁業の大変さや楽しさを体感し,地元の農産物や海産物の味や価値を知ることで,食の原点に返って学ぶことができます。

農業・漁業の様子画像

民泊体験の基本的な流れ

対面式(入島式)
民泊家庭紹介
あいさつなど
民泊体験の流れ画像
民泊家庭へ移動
夕食作り・夕食
後片付け・団らん
お風呂
就寝
起床・朝食づくり
朝食
お別れ式
(離島式)