119番通報の方法

このページを印刷

公開日 2007年02月22日 (問)消防本部予防課 電話:0823-40-0353

119番通報要領

火事や救急事故が起こったら,できるだけ早く通報することが被害を最小限にくい止める決め手です。災害の問い合わせなど,他の目的で使用すると一刻を争う緊急通報がつながらなくなります。
緊急時以外は使わないようにしましょう。

119番をかけるとこんなことを聞きます。

  1. はい消防署です。火事ですか?救急ですか?
  2. 場所はどこですか?
  3. 何が燃えていますか?(救急の場合は傷病者の状況を聞きます)
  4. あなたの住所,名前,電話番号を教えてください。

その他にも必要に応じて状況を聞きますので,落ち着いて答えてください。



携帯電話からの119番通報

  1. 車を運転中のときは,安全な場所に停車してかけてください。
  2. 移動しながらかけると通話が切れてしまうことがありますので立ち止まって通報してください。
  3. 災害現場の場所(地名,目標物など),状況を詳しく教えてください。
  4. 通報後に再確認のため,消防署から電話をかけ直すことがありますので,しばらくその場所にいてください。
  5. 地域や電波の状況によっては,他の消防署につながることがありますので,対応した係員の指示にしたがってください。


eメール119番と119番受信FAX

江田島市消防本部では,携帯電話などを利用したeメール119番やファクシミリでの119番通報が可能になりました。 言語や聴覚な不自由な方から,これらを活用して緊急通報ができます。
利用にあたっては事前の登録が必要となりますので詳しくは通信指令係におたずねください。



災害テレホンガイド(42)3119

火災や災害発生等の案内を自動的に録音再生で行っていますので,火事や病院などの問い合わせで119番は利用しないでください。