児童手当制度の概要

このページを印刷

公開日 2012年10月01日 (問)社会福祉課 電話:0823-43-1638

 平成24年4月から,子ども手当制度は児童手当制度になり,同制度による手当が支給されています。

制度の概要

支給対象

0歳~中学校卒業まで(15歳になった後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方
※児童福祉施設などに入所している場合、児童の父母ではなく施設設置者に支給されます。
 

支給月額

【所得制限以下の受給者】

0歳~3歳未満 1万5,000円(一律)
3歳~小学校修了 第1子・第2子※は1万円,第3子以降は1万5,000円
中学生 1万円(一律)

※18歳(高校卒業)までの児童のうち,年長者から第1子、第2子…と数えます。

【所得制限を超えた受給者】
…月額5,000円(一律)

所得制限限度額(平成24年6月分から)

 扶養親族の数  所得金額
 0人  622万円
 1人  660万円 
 2人  698万円
 3人  736万円
 4人  774万円
 5人  812万円

※表の限度額を超えると,6月分から手当が月額1人5,000円に減額されます。
※所得額は,医療費控除や障害者控除など,一部控除対象があります。詳しくは社会福祉課へお問い合わせください。

手当の支給時期

支給月 支給対象の月 支給日
6月 2月~5月分  10日
※10日が休日の場合は直前の平日
10月 6月~9月分
2月 10月~翌年1月分

※原則として申請手続きした月の翌月分から支給されます。ただし,出生・転入などの事情で請求できなかった場合は,出生日か転出予定日の翌日から15日以内に申請すると,出生・転入などをした月の翌月分から支給されます。 

申請手続き

 次のとおり認定請求書などを提出する必要があります。なお,平成24年3月31日の時点で子ども手当の認定を受けている対象児童については,改めて申請する必要はありません。

【新規に申請する場合】

  • 認定請求書(各受付窓口にあります)
  • 認印
  • 申請者(保護者)名義の普通預金口座番号が分かるもの(預金通帳・カードなど)
  • 申請者(保護者)の健康保険証のコピーなど
  • マイナンバーカード(個人番号カード)(又は個人番号の通知カード及び身元確認書類(運転免許証等))


【手当の対象児童が増えた場合】

  • 額改定認定請求書(各受付窓口にあります)
  • 認印

※これ以外に書類が必要な場合もあります。
※手当は申請月の翌月分から支給されます。
※必要書類が全てそろっていない場合は,先に手続きをして後日書類を提出することもできます。

現況届をご提出ください

 手当を受給するためには,現況届を提出する必要があります。手当の受給者には,毎年6月以降に現況届の用紙と案内をお送りしますので、忘れずにご提出ください。 また,当該年1月1日の時点で江田島市に住んでいなかった人は、直近の所得課税証明が必要です。