コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について
トップページ > 組織で情報を探す > 子育て支援課 > 各種助成・医療・給付制度 > 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について

このページを印刷

公開日 2021年01月14日 (問)子育て支援課 電話:0823-42-2852

 子宮頸がんワクチン 《HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン》 は,子宮頸がんの発生予防を期待して定期接種となっていますが,接種後に広範な疼痛,運動障害が見られたことから,平成25年6月14日以降,積極的な勧奨は差し控えられ,専門家の間で継続的に審議がされています。

 なお,定期接種自体を中止するものではありませんので,対象年齢の方が接種を希望される場合は,定期接種(公費接種)として受けることが可能です。 

 接種に当たっては,次の厚生労働省のホームページの情報やリーフレットを参考に,ワクチンの「意義と効果」と「接種後に起こり得る症状」について確認し,検討した上で,受けてください。

接種対象者

  • 小学校6年生(12歳になる年度の初日)から高校1年生相当(16歳になる年度の末日)までの女子