コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 組織で情報を探す > 企画振興課 > 連携中枢都市圏の取組について > 広島広域都市圏における連携中枢都市圏の形成について

広島広域都市圏における連携中枢都市圏の形成について

このページを印刷

公開日 2017年10月27日 (問)企画振興課 電話:0823-43-1630

広島広域都市圏とは

 広島広域都市圏は,広島市を中心に生活面での関わりや経済的なつながりが強い地域で,広島市の都心部からおおむね60km,自動車で約1時間の圏内にある,東は三原市エリアから西は山口県柳井市エリアまでの25市町で構成されています。
圏域内市町で構成する広島広域都市圏協議会では,圏域内の活力増進を図ることを目的として「まち起こし協議会」を設置し,「神楽」や「食と酒」といった地域資源を活用した取組を進めています。
<圏域を構成する市町>
【広島県】広島市(連携中枢都市)・呉市・竹原市・三原市・大竹市・東広島市・廿日市市・安芸高田市・江田島市・府中町・海田町・熊野町・坂町・安芸太田町・北広島町・大崎上島町・世羅町・三次市
【山口県】岩国市・柳井市・周防大島町・和木町・上関町・田布施町・平生町
 

広島広域都市圏における連携中枢都市圏の形成について

1 連携中枢都市宣言

 平成28年2月15日,広島市議会定例会の冒頭で広島市長が「連携中枢都市宣言(注)」を行い,「連携中枢都市宣言書」を公表しました。
 (注)連携中枢都市圏制度の活用にあたり,圏域の中心都市が圏域全体の将来像を描き,圏域全体の経済をけん引し,圏域の住民全体の暮らしを支えるという役割を担う意思を有すること等を明らかにしたものです。

 連携中枢都市宣言書(PDF)
 

2 連携中枢都市圏形成に係る連携協約

 平成28年3月30日,国が定めた「連携中枢都市圏」制度に則り,圏域全体の経済成長のけん引,高次の都市機能の集積・強化及び圏域全体の生活関連機能サービスの向上に関する取組を行うに当たっての基本的な方針や取組内容,役割分担を定める「連携協約」を広島市と広島広域都市圏の23市町との間で,それぞれ締結しました。

 広島市と江田島市との連携中枢都市圏形成に係る連携協約(PDF)
 

3 連携中枢都市圏ビジョン

 平成28年3月30日,「200万人広島都市圏構想」の実現を目指して,都市圏の中長期的な将来像を示すとともに,その実現に向けて取り組む具体的な施策をとりまとめた「広島広域都市圏発展ビジョン」が策定されました。

 広島広域都市圏発展ビジョン(PDF)
 

4 関連ページ