コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 市政情報 > 市の計画・報告 > その他の計画・報告 > 江田島市橋梁長寿命化修繕計画
トップページ > 組織で情報を探す > 建設課 > 本市の計画等について > 江田島市橋梁長寿命化修繕計画

江田島市橋梁長寿命化修繕計画

このページを印刷

公開日 2012年06月15日 (問)建設課 電話:0823-43-1646

 江田島市が管理する橋梁は,現在262橋ありますが,老朽化した橋梁が急速に増えることにより,架け替えや大規模改修の必要な橋梁が特定の期間に集中し,近い将来生じる財政負担に対応できなくなる恐れがあります。

 このため,アセットマネジメント(注)の考え方を導入し,従来の損傷が深刻化してから大規模な改修を行う「事後保全型」から,損傷の小さいうちに計画的に補修などを行う「予防保全型」で管理することにより,橋梁の長寿命化や補修・架け替えにかかるコストの縮減,予算の平準化を図るため,『江田島市橋梁長寿命化修繕計画』を策定し,地域の道路網の安全性・信頼性を確保することとしています。

 

 また,「広島県定期点検要領」に基づき,5年に1回のサイクルによる橋梁定期点検や日常パトロールにより,橋梁の損傷状況を把握し,平成29年度に『江田島市橋梁長寿命化修繕計画』の一部について見直しを行い,計画的な修繕を実施していきます。

 計画の詳細は,記事下部の添付ファイルからご覧ください。



(注)アセットマネジメント
 橋梁を資産として捉え,橋梁の状態を客観的に把握・評価して資産の状態を予測するとともに,いつどのような対策をどこに行うのが最適であるか考慮し,計画的・効率的に管理すること 。


 

 

関連ファイル ダウンロード