コンテンツの本文へ移動する

江田島市

トップページ > 人生の出来事~こんなときは?~ > 福祉・介護 > 新型コロナウイルスワクチン接種についてのお知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種についてのお知らせ

このページを印刷

公開日 2022年01月24日 (問)保健医療課 電話:0823-43-1639

目次(検索したいところを押す)

□新型コロナワクチンの接種に関する情報 
□新型コロナワクチン初回(1回目・2回目)接種について
□新型コロナワクチン追加(3回目)接種について
□新型コロナワクチンについて
□接種券再発行 
□広域接種(県内全域で接種可能)
□他県での接種
□予防接種健康被害救済制度
□新型コロナウイルス感染症予防接種証明書 
□新型コロナウイルス感染症陰性証明書発行手数料の助成について  
□新型コロナワクチン接種に便乗した詐欺について 
□相談窓口 
□お問い合わせ 
□関連リンク 

 

新型コロナワクチンの接種に関する情報

 広島県新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場について
 広島県では、ワクチン追加接種の迅速化に取り組むため、大規模接種会場を広島会場(天満屋八丁堀ビル)と福山会場(広島県立ふくやま産業交流館)を設置します。
 大規模接種会場では、新型コロナウイルスワクチンの初回(1回目・2回目)接種、追加(3回目)接種を受けることができ、武田/モデルナ社のワクチンを使用します。
 なお、令和4年1月21日(金)午前8時から予約受付開始となりますので、接種を希望される方は、ご利用ください。
※ 接種対象に該当し接種券がない方は、接種券を発行しますので、保健医療課までお問合せください。(接種券発行までに一週間程度かかります。

 1 広島会場
  (1)期間 令和4年1月28日(金)~4月16日(土)
  (2)時間 10:30~16:30または10:30~17:30
  (3)場所 天満屋八丁堀ビル6階
       (広島市中区胡町5-22)
  (4)対象者及び予約方法 詳細はこちら(新型コロナワクチン大規模接種 広島市)

    2 福山会場
  (1)期間 令和4年2月4日(金)~令和4年4月16日(土)
  (2)時間 10:00~16:00または10:00~17:00
  (3)場所 広島県立ふくやま産業交流館<ビック・ローズ> 
       (福山市御幸町大字上岩成字正戸476-5)
  (4)対象者及び予約方法 詳細はこちら (新型コロナワクチン大規模接種 福山市)

 

新型コロナワクチン初回(1回目・2回目)接種について

初回(1回目・2回目)接種を希望される方は、追加(3回目)接種の日程の中で接種することができますので、電話(予約専用ダイヤル)でご予約ください。
・予約専用ダイヤル 082-222-8311(月~土 9:00~17:00) 

新型コロナワクチン追加(3回目)接種について

2回接種した場合であっても、接種後の時間の経過とともに、ワクチンの有効性が低下することが報告されています。このため、本市でも追加(3回目)接種を順次実施しています。
■ 対象者   
2回目接種を完了し、原則8か月以上経過した18歳以上の方
■ 接種回数
1回(無料)
■ 使用するワクチン   
初回(1回目・2回目)に接種したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを使用します。   
ファイザー社ワクチン
武田/モデルナ社ワクチン
■ 接種時期及び接種券一体型予診票の発送    
2回目の接種から原則8か月以上経過した方から順次、接種を開始します。
接種可能な時期の前月に、追加(3回目)接種の接種券一体型予診票を送付します。
接種券一体型予診票は、接種時に必要ですので、大切に保管してください。

接種時期(予定) 対象者 接種券一体型予診票発送月
令和3年12月 医療従事者 令和3年11月
令和4年1月 医療従事者
令和3年5月に2回目接種を完了した方
令和3年12月
令和4年2月 医療従事者
令和3年6月に2回目接種を完了した方
令和4年1月
 

・3月以降の接種予定者への接種券一体型予診票の発送については、随時、ホームページや広報でお知らせします。
・国のワクチン供給により接種時期を変更することがありますので、ご了承ください。

【 江田島市の接種券を使用し、市内で2回目を接種された方 】
 市から対象者に次のものを送付
①新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ
(市が指定した接種日時・医療機関を掲載)
②新型コロナワクチン接種の予診票(追加接種用)
(接種券一体型予診票のことです)
③新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時接種)
④新型コロナワクチン予防接種についての説明書(追加(3回目)接種用)
⑤「新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ」確認 返信用ハガキ 
(情報保護シールがついています)
■ 予約方法 ※インターネットや電話での予約は必要ありません。

   2回目の接種実績をもとに、市が接種日時・医療機関を指定します。
①市から指定された接種日時・医療機関で接種する場合
 返信用ハガキに何も記入しない → ポストに投函 → 予約完了
②接種を希望しない方や市から指定された接種日時・医療機関を変更したい場合
 返信用ハガキに変更事項を記入 → ポストに投函 → 予約専用ダイヤルから接種日時等調整の連絡あり(変更の場合のみ) 
※変更する場合、予約状況により接種日時・医療機関が希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。
※返信用ハガキは、必ず投函してください。投函されない場合、接種することができません。


【 江田島市の接種券を使用し、市外で2回目を接種された方 】

■ 市から対象者に次のものを送付

①新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ
②新型コロナワクチン接種の予診票(追加接種用)
(接種券一体型予診票のことです)
③新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時接種)
④新型コロナワクチン予防接種についての説明書(追加(3回目)接種用)
■ 予約方法 
   市から送付物が届いてから、予約専用ダイヤルへ電話し、接種日時・医療機関を予約してください。
   ・予約専用ダイヤル 082-222-8311(月~土 9:00~17:00)

【 2回のワクチンを他市町で接種した後、江田島市に転入された方 】
本市では接種履歴の把握ができないため、追加(3回目)接種を希望される方は、必ず接種券発行申請の手続きを行ってください。
■ 必要書類
①接種券発行申請書(3回目接種用)【Wordファイル】 【PDFファイル】
②初回(1回目・2回目)の接種済証または接種記録書の写し
③本人確認できる書類(運転免許証、健康保険証など)の写し
■ 申請場所(郵送も可)
   保健医療課、市民センター(江田島、能美、沖美)、三高支所、市民サービスセンター
 (郵送の場合)
  〒737-2297 広島県江田島市大柿町大原505番地 江田島市福祉保健部保健医療課宛て
■ 申請後、市から接種が可能な時期の前月に、対象者に次のものを送付
①新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ
②新型コロナワクチン接種の予診票(追加接種用)
(接種券一体型予診票のことです)
③新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時接種)
④新型コロナワクチン予防接種についての説明書(追加(3回目)接種用)
■ 予約方法 
   市から送付物が届いてから、予約専用ダイヤルへ電話し、接種日時・医療機関を予約してください。
    ・予約専用ダイヤル 082-222-8311(月~土 9:00~17:00)

 

新型コロナワクチンについて

 ファイザー社ワクチンの有効期限の変更について
 ファイザー社ワクチンについては、令和3年9月10日に‐90℃~‐60℃での有効期間が6か月から9か月に延長されました。
 新型コロナワクチンは貴重なワクチンであり、これを無駄にせず、有効に活用する観点から、有効期限が延長されることとなりました。
 現在、流通しているワクチンについては、有効期限が6か月という前提で有効期限が印字されています。
 このため、接種後に受け取る「接種済証」に、有効期限が過ぎたワクチンのシールが貼られることがありますがご了承ください。       

【本市で使用する該当ワクチン】

ロットNo 印字されている有効期限
(有効期限6か月のもの)
接種に活用して差しつかえない期限
(有効期限3か月延長後)
FH 0151 2021/12/31 2022/3/31
FF 2018 2021/12/31 2022/3/31
FJ 5929 2022/1/31 2022/4/30
FL 1839 2022/1/31 2022/4/30

※有効期間の取扱い(モデルナ社ワクチン含む)については、厚生労働省ホームページにも掲載しておりますのでご参照ください。

接種券再発行

接種券を紛失された場合など、再発行を行いますので、市の相談窓口(43-1641)か保健医療課(43-1639)にお問合せください。

広域接種

広島県に住民票のある方は「住所地外接種届」の手続きをすることなく、広域(県内全市町)接種ができます。
■ 対象者
  
広島県内に住民票のある方
■ 接種場所
 
県内の医療機関及び集団接種会場
市町により、ワクチンの接種期間が異なりますので、ワクチンナビや各市町のホームページで確認の上、予約するようお願いします。

■ 他市町→江田島市で接種を希望する場合
接種を希望される方は、予約専用ダイヤルへご連絡ください。
・予約専用ダイヤル 082-222-8311(月~土 9:00~17:00)
■ 江田島市→他市町で広域接種を希望する場合
江田島市内に住民票のある方が、県内の他市町で接種を希望する場合の予約受付や接種状況等は、接種を希望する市町のホームページ及びワクチン接種相談窓口などにお問合せください。
新型コロナウイルス広域接種について(広島県ホームページ)

他県での接種

やむを得ない事情で、住民票所在地以外の県外でワクチン接種を希望する場合は、接種を希望する医療機関等が所在する市町で事前に届出を行うことによりワクチン接種を受けることができます。
■ 他県→江田島市で接種する場合
接種を希望される方は、市の相談窓口(43-1641)又は保健医療課(43-1639)までお問合せください。
■ 江田島市→他県で接種する場合
・入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を希望される方 →医療機関や施設にご相談ください。
・お住まいが住所地(江田島市)と異なる方 →実際のお住まいの地域でワクチン接種を受けられる場合があります。お住まいの市町村にお問合せください。

予防接種健康被害救済制度

予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。
極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
新型コロナワクチン接種の予防接種によって健康被害が生じた場合にも予防接種に基づく救済(医療費・障害年金の給付など)が受けられます。
手続きについては、江田島市保健医療課までご相談ください。

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書

渡航先への入国や、日本への入国後・帰国後に待機期間の緩和措置を受ける場合や、日本国内において行動制限の緩和等の措置を受ける場合など、様々なシーンで活用できるよう、新型コロナワクチンの接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。
1 ワクチン接種後に発行される「接種済証」や「接種記録書」等をお持ちの方へ
ワクチン接種後に会場で発行される「予防接種済証」や「接種記録証」、これまで発行された従来の「接種証明書(ワクチンパスポート)」は、引き続き、接種した証明としてご利用いただけます。

2 接種証明書(電子版)を申請される方へ (マイナンバーカードが必要です)
スマートフォンで政府が公式に提供するアプリ及びマイナンバーカードを使用して「海外用及び日本国内用」、「日本国内用」の接種証明書(電子版)を申請及び取得することができます。
一度発行すれば、アプリを起動するだけで、いつでもどこでも接種証明書を表示できます。

 (1)スマートフォンで「新型コロナワクチン接種証明書」アプリをダウンロードする。
   ・i0S 13.7以上もしくはAndroid0S 8.0以上
   ・マイナンバーカードが読み取れる端末(NFC Type B 対応端末)
 (2)マイナンバーカードを読み取る。
    読み込み時には,マイナンバーカードを取得する際に自身で設定した暗証番号(4桁の数字)の入力が必要になります。
 (3)海外用を希望する場合は旅券(パスポート)を読み取る。

   詳しい操作方法は、こちらをご覧ください。
 ・接種証明書をスマートフォンアプリで発行できます
  https://www.mhlw.go.jp/content/000868573.pdf
 ・デジタル庁ウェブサイト:新型コロナワクチン接種証明書アプリ
  https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert
なお、ワクチン接種を受けたのにアプリで証明書を発行できない場合や、アプリで取得した証明書の内容に誤りがある場合などは、保健医療課までご連絡ください。

3 接種証明書(書面)で申請される方へ
接種証明書は「海外用及び日本国内用」及び「日本国内用」の2種類があります。
ご希望の証明書により、ご準備いただく書類が異なりますのでご注意ください。

必要書類
 (1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書
 (2)本人確認できる書類の写し(運転免許証、健康保険証)
 (3)接種履歴が確認できる書類の写し(予防接種済証または接種記録書)
 (4)「海外用及び日本国内用」を希望される方のみ、海外渡航時に必要な旅券(パスポート)の写しが必要です。
  ※ 代理人が申請する場合は、委任状と代理人の本人確認ができる書類が必要です。
申請場所
 保健医療課、市民センター(江田島、能美、沖美)、三高支所
   (郵送の場合)
   737-2297 広島県江田島市大柿町大原505番地
            江田島市福祉保健部保健医療課宛
   詳細は、こちらをご覧ください。
   接種証明書(書面)が新しくなります
   https://www.mhlw.go.jp/content/000862175.pdf

   ※ 海外渡航される方へ
  接種証明書を所持していないことで、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  接種証明書の提示により防疫措置の免除・緩和が認められる対象国・地域については、最新状況を外務省海外安全ホームページでご確認ください。
  https://www.anzen.mofa.go.jp/

新型コロナウイルス感染症陰性証明書発行手数料の助成について

■ 対象者
   江田島市内に住民票があり,健康上(アレルギー等)の理由により新型コロナワクチンが接種できない方
■ 助成回数
   月1回
■ 助成金額
  1回あたり上限3,000円
 (陰性証明書の取得にかかる手数料が上限に満たない場合,実際にかかった手数料を助成します。)
■ 必要書類
新型コロナウイルス感染症陰性証明書発行手数料助成金支給申請書兼請求書
②領収書の写し
③診療明細書の写し
④請求する方の通帳(口座番号と口座名義が分かる部分)の写し
■ 申請期限
    令和4年3月31日
■ 申請場所(郵送でも可)
   保健医療課, 市民センター(江田島,能美,沖美),三高支所,市民サービスセンター
 (郵送の場合)〒737-2297 広島県江田島市大柿町大原505番地 江田島市福祉保健部保健医療課宛て

新型コロナワクチンに便乗した詐欺について

 

相談窓口

・国の相談窓口
  0120-761-770(毎日 9:00~21:00)
・多言語対応窓口
  0120-565-653
  中国語・英語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語(毎日 9:00~21:00)
  タイ語(毎日 9:00~18:00)
  ベトナム語(毎日 10:00~19:00)
・県の相談窓口(コールセンター)
  082-513-2847(毎日 24時間)
  対応語:日本語・英語・中国語・ベトナム語・タガログ語・韓国語・ポルトガル語
  聴覚に障害のある方や、失語症の方、音声機能障害の方など、電話での相談が難しい方にはFAXやメールによる相談も受け付けています。
  FAX 082-211-3006
メール問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ

市の相談窓口
電話 0823-43-1641 (平日 9:00~17:00)
江田島市役所保健医療課
電話 0823-43-1639 (平日 8:30~17:15)
FAX 0823-57-4432 (電話が難しい場合)

関連リンク

首相官邸ホームページ  新型コロナワクチンについて (外部リンク
厚生労働省 新型コロナウイルス接種についてのお知らせ (外部リンク
厚生労働省 新型コロナワクチンについてのQ&A   (外部リンク