トップページ > 市政情報 > バス・船時刻表 路線検索 > 路線バス【時刻表・運賃など】
トップページ > 組織で情報を探す > 企画振興課 > 公共交通関係 > 路線バス【時刻表・運賃など】

路線バス【時刻表・運賃など】

このページを印刷

公開日 2017年08月29日 (問)企画振興課 電話:0823-43-1630

運行に関するお問合せなどにつきましては,運行事業者へ直接お問合せください。

●運行事業者
 江田島バス㈱
  電話(0823)45-5363(江田島市能美町4553番地1)

img_rosen_b...

 

時刻表

 下記リンク先のPDFファイルをご覧ください。主要な停留所の通過予定時刻を記載しています。
※年末年始は臨時ダイヤで運行します。また,盆は土日祝ダイヤで運行する日があります。詳しくは,広報えたじまをご覧いただくか,路線検索サイトでご確認ください。

 

ping_title1...

 平日の時刻表はこちらから。

ping_title1...

 土日祝の時刻表はこちらから。

ping_title0...

 市内を走る路線バスの,ダイヤや運賃などを検索することができます。また,地図上で各停留所の時刻表を確認することもできます。
 路線検索サイトはこちらから。

 

ping_title1...

 バスのおおよその待ち時間を確認できます。 BUSitはこちらから。

 

路線図・停留所

 路線図・停留所一覧のPDFファイルはこちらから。

 

【注】

 道路事情などの関係で,停留所の標識が片側にしかない場所があります。このような場所では,次のとおり対応しています。お乗り間違いえなどがないようご注意ください。

・時刻表…片側の停留所標識に,両方の時刻表を記載しています。

・待機場所…停留所標識のある道路の反対側でお待ちください。

 

運賃・割引など

 下記リンク先のPDFファイルをご確認ください。大人片道普通運賃を記載しています。
 バスの運賃表はこちらから。

 

【注】

 「PASPY」「ICOCA」などの交通系ICカードはご利用いただけません。現金または回数券を直接運賃箱へお支払ください。

 

●小児運賃について

 小学生の運賃は小児運賃となります。大人片道普通運賃の半額(5円の端数は10円に切り上げ)をお支払いください。
 未就学児(小学校に上がる前までのこども)の運賃は,保護者1人につき,2人まで無料です。3人目からは小児運賃をお支払いください。また,保護者同伴でない場合は,1人でも小児運賃をお支払いください。

 

●障害者割引運賃について

区 分 普通運賃 定期運賃

身体障害者手帳

精神障害者保健福祉手帳

知的障害者療育手帳

をお持ちの方

大人

大人運賃の5割引

(5円の端数は10円に切り上げ)

大人定期運賃の3割引

小人

小人運賃の5割引

(5円の端数は10円に切り上げ)

小人定期運賃の3割引

介護人(※)

大人

運賃の5割引

(5円の端数は10円に切り上げ)

定期運賃の3割引

※介護人の方への運賃割引は,手帳に介護マークがある場合に適用します。

 

●定期券・回数券について

 定期券の金額は,江田島バス㈱(電話(0823)45-5363)へお問合せください。回数券は11枚綴りで10枚分の金額です。
 販売場所と販売時間は次のとおりです。

販売場所 販売時間 販売内容

江田島バス本社(能美町中町4553番地1)

月~金曜日 8:30~17:30

●回数券の販売
●定期券の販売

夢海道(小用桟橋旅客ターミナル内)

月~土曜日 6:00~18:30
日曜日   6:30~18:30

●回数券の販売
●定期券の購入取り次ぎ(※)

ゆめタウン江田島(1階サービスカウンター)

ゆめタウン江田島営業日
9:00~20:00

江田島バス車内

運行時間内

※本社以外では,定期券の即時発行はできません。指定された日時に受け取ってください。

 

【注】

・定期券を新規購入する場合は,通用開始日の7日前から購入できます。
・定期券を継続購入する場合は,使用中の定期券を引き換えに,通用期間満了日の7日前から購入できます。
・本社以外では,回数券の種類に制限があります。

 

バスの乗り方・降り方.jpg

 

本市のバス路線について

 本市のバス路線は,第三セクターの江田島バス㈱が運行しています。
 バスの利用者は,自家用車の利用が増えるなどの理由で,全国的に減少傾向にあり,本市のバスについても同様に減少傾向にあります。
 バスは,車を持たない高齢者や子どもなどを中心に,欠かすことができない移動手段です。
 市は,バス路線の維持のために,財政面での支援をしていますが,今後もバス路線を維持するためには,バスを利用していただくことが必要です。
 バスを利用すると,バス停まで歩く必要があるので,健康的な生活を送ることができます。
 いつもは自家用車を利用される方も,たまにはバスを利用してみてはいかがでしょうか。