救急応急措置

このページを印刷

公開日 2007年02月22日 (問)消防本部予防課 電話:0823-40-0353

やけどの処置

すぐに水で冷やし、しょう油や油はぬらない。服はそのままで水ぶくれを破らないように注意する。

傷口の処置

小さな出血は水で洗って汚れを流す
小さな出血は
水で洗って汚れを流す。
傷口のまわりを消毒してからガーゼをあてて圧迫する
傷口のまわりを消毒して
からガーゼをあてて圧迫する。

止血の方法

清潔なガーゼ等で
傷口を押さえ
圧迫する。
指で止血する。
物を使って止血する。

倒れたとき

ネクタイやベルトをゆるめ安静にする

ネクタイやベルトをゆるめ安静にする。
意識がないときは、呼吸ができるようにあごをあげのどの圧迫をゆるめる。また、正気にもどそうとゆすったり、水を飲ませたりしない。

骨折の処置

そえ木で固定する
そえ木で固定する。
副木は、両方の間接をこえて固定する
副木は、両方の間接を
こえて固定する。